重複照合(名寄せ)でコスト削減って、どういうこと?

データの中に

 

同一人物 

 

同じ住所のご家族 のデータはございませんか?

 

同じご家族で、複数存在するデータを1件のみ発送

することができます。

 


福岡アドセンターでは、ラベル出力の前のデータ処理で、すべての処理で

『重複照合』を行っております。

この処理を行わないと、

同じ人に、同じDM(案内状)を何通もお送りすることになります。

 

 

・作業料のムダ  

・配送料のムダ 

・封筒やチラシのムダ

・お客さまからの印象もダウン・・・

 

独自開発の重複照合システムにより、

住所表記が違っても、

番地・部屋番号が同一であれば1件のみを発送対象にすることができます。

 

また、漢字が完全に一致していなくても,

元が同じ字と思われる”異体字”に対応していますので、完全一致ではなくても処理可能です。

同一家族とみなす例

1と2は、同一人物で1件を配送対象にできます。

1から4まで、同一家族で1件を配送対象にすることが可能です。

 

※顧客番号や性別など、優先順位をご指示いただければ、優先の方1名を配布対象にいたします。

※アパート名が入っていても、番地部分の表記が異なっていても、重複対象とすることが可能です。


1.    重複理由に発送対象外にした通数分の作業料・発送費の削減

 

2.    送付先(お客様)に複数の同一DMが届くのを防ぐ

 

3.    データのクリーニングができる

 

重複がある場合には、ご連絡して優先データの選別、データの確認をしていただいています。