不着が少ないDMって、どうしたら可能?

 

不着とは、発送したけど転居などで返送されるDMのことです。

 

リストの精度により、0.3%から15%程度で、不着DMとして返送されます。

 

5000件発送した場合で、15件から750件!程度の不着となります。

 

パーセンテージでかなり件数が変わりますね。

 

 

不着をできるだけ少なくすることで、発送費用が抑えられ、費用対効果を

高めることができます。

 

1通あたりの費用も大切ですが、不着を抑えることも、大事なポイントです。

 

 

不着を抑える福岡アドセンターの対策

1.前回の不着データを作成→データを更新

不着を抑えるいちばんの対策は、

前回発送した時の不着を更新することです。

 

発送を依頼していただくと、不着リストを作成して、お送りいたします。

といっても、「時間がない」「面倒」な時もありますよね。

 

こちらで、不着のデータをお預かりして、

発送対象から外すことが可能です。

 

不着のリストは、

”不着となったデータのみ” 

”到着したデータのみ”

 とお好きな方を選んでいただけます。

 

2.住所(番地など)の情報不足データをチェック

住所に、番地情報があるか、データのチェックをしています。

 

郡部の方では、番地情報がなくても、届く可能性がありますが、

都市部では、番地情報がない場合、

不着になる可能性が高くなります。

 

郡部の場合は、番地なしでも、発送対象とし、

市の場合は、番地なしを住所不足として、

発送から外すことが可能です。

(事前にお打合せ、ご確認いただいたのちに処理しております)

 

不着の件数を削減する=発送経費を削減 することが可能です。 

 

 

3.郵便番号を再セット

アドセンターでは、住所から郵便番号をセットするプログラムを作成しています。

 

郵便番号は、実は毎月アップデートされています。

 

というのも、市町村の合併や土地の区画整理、新しいビルやマンションの建築など、郵

便番号にかかわるさまざまな現実が変化しているためです。

 

最新の郵便番号データは日本郵便のWebサイトで公開されています

 

最新の郵便番号をセットすることで、配達がスムーズにいくのです。

 

 

4.最新の住所情報に更新

 市区町村の合併、住所表記の更新は、いまも行われています。

 

 弊社は福岡にありますが、福岡県の”筑紫郡 那珂川町”は、

2018年10月より"那珂川市"に変更となりました。

 

 また、熊本市は、"区"名 が入り、"熊本市手取本町1番1号" は、

 "熊本市中央区手取本町1番1号"  となりました。

 

 住所をきちんと更新することにより、配布しやすくなり、不着を抑えられます。

 

 

5.データの不備・モレなどがないか確認

 

宛名のデータをお預かりして、確認すると、宛先名や住所には

ふさわしくない文字が記載されていることがあります。

 

実際に今までに確認した例です。

「要注意」「死亡」「クレーム」「受注番号○○○」「DM禁止」「うるさい」

など、そのまま発送したら(汗)と思われる記載もあります。

 

もちろん、すべて不要な文字は消して発送等の処理をします。

DM禁止 の場合は、配送しません。

 

他にも外字(そのパソコンでしか表示ができない)、記号(※)など

すべてお客様に確認後、適切に処理できるようにしています。 

 

不着を減らす対策は、複数の組み合わせです。

 

できるだけ「効果があるDM」そして「費用対効果が高いDM」を

提供するため、これからも工夫していきたいと思っています。

 

他にも、重複照合(名寄せ) DMの効果測定 も、

費用対効果が高いDMをご提供できるように作ったサービスです。

 

ぜひ、ご確認いただけるとうれしいです。

 

関連ページ