原本の受け取りから、納品・ご検品までの流れ

 

事前にスキャン対象の確認(現物確認)、仕様の確認をさせて頂いております。

スキャンしたファイルをご活用いただくためですので、ご協力ください。


スキャン仕様書

見積書 作成

お打ち合わせ、様のご提案後、仕様決定。

見積書の提出をさせていただきます。

ご検討・ご発注

ご発注時に、発注書をいただいております。

また機密保持に関する契約書を取り交わします。

原稿の受け取り

社内便での引取、もしくは宅配便などでお送り下さい。

(仕様打合せ時に、受取方法を決定します)

内容・数量の確認

箱数、綴りなどを確認し、ご報告差し上げます。

 

電子化前処理

フセンはずし、ホッチキスはずし、裁断、ファイルばらし、登録内容(ファイル名、フォルダ)確認。

スキャニング作業

1回目

1回目のスキャンを行います。

仕様に沿って、実行します。

スキャニング作業

2回目

2回目のスキャンを機械、スタッフを替えて行います。

1回目と違う解像度でのスキャンも可能です。

画像検査

および再スキャン

1回目と2回目の画像を比較し、枚数確認、画像確認を行います。両方を比べ、スキャンもれを防ぎます。

ファイル名

属性付与

ファイル名付与、フォルダ体系作成、属性の付与を

行います。

記録メディア

書き込み

ハードディスク、CDDVD等の記録メディアへ

書き込み、および全ファイル数の確認を行います。

原稿戻し処理

原稿を仕様に沿って、ファイルへ戻します。

廃棄の場合は、戻し処理は行いません。

原稿返却/処分

データ納品

原本の返却およびスキャンファイルを納品いたします。

処分も承っております。機密データは溶解も可能です。

 

 

ご検品

納品後、3か月はデータを保管しております。

修正のご希望等は、3か月以内にお願いします。

 

関連するページ