書類アレどこ登録とは?

その文書がどこにあるか、パッと検索できます!

ファイル(綴)がどこにあるのか、物理的な場所を登録します。

事務所移転などで、オフィスを広く使いたい時に有効です。

スキャンをすべて行うのは、価格的な面からみると、

現実的でない場合も多いのですが、

書類がどこにあるか、すぐにわかれば、検索時間を短縮できますし、

 

検索している文書のみを後でスキャンすることも可能です。

 

書類アレどこ登録 検索イメージ

検索するときは、単語や区分(年度・担当部署・書類の種類など)から、

 

検索を行い、どこに保存されているか、確認できます。

 

 


1.単語・区分で検索

 

大区分・中区分・小区分、単語 を入力し、[検索]ボタンをクリックします。

リストが表示されるので(画面左側)、コレかな?と思った行をクリックすると

 

右側に、綴(バインダー)の背表紙が表示されます。

 

 

2.書類の場所を確認

 

文書情報修正・更新 画面が表示されたら、アナログ情報の保管場所を確認します。

 

3.対象の書類みつかる

 

現物の書類を登録されている場所から取り出す。

 

書類アレどこ登録サービスの流れ

 

書類をお預かりして、担当部署、年度、タイトルと、綴(バインダー)の背表紙の画像を登録し、

 

どこに保存しているのかを登録します。

 

 

 



書類の検索に時間がかかる お悩みや、

すべてをスキャンするにはコストがかかりすぎる といったご意見から

うまれたサービスです。

 

事務所移転や、エリアを広く使いたい、

担当者変更による引継ぎがうまくいかない

などのお悩みに対応できます。

 

お気軽にご相談ください。