スキャン前処理の様子

スキャンする前には、ホッチキスやフセンを外す、折れをのばす、

ファイル単位ごとに分割するなどの処理をします。

(通常、スキャンしていらっしゃる場合と同じ手順です)

 

慣れもありますが、素早く処理していきます。

 

スキャンは、スキャナー(機械)を通す前に、前処理を行います。

 

ホッチキスをはずす、フセンを処理する、インデックスを処理する、

 

破れている個所の補修、小さい文字・薄い線などの個所を確認

 

などを行い、スムーズにスキャナーを通せるように、前処理を行っています。

 

 


スキャンの様子(自動原稿送り装置)

スキャンは、専用のスキャナを使用しています。

 

スキャナが自動でスキャンしそうですが、

 

実際には

 

問題なくスキャンできているかを確認しながら、

 

用紙の質やサイズが異なるところでは、切替ながら

 

キレイな原稿になるように気をつけて作業します。

 

 

 

スキャンが終わったら、原稿状態・スキャンの設定などを専用システムへ登録します。

 

裁断不可の契約書、本、破損がある場合、インデックスがついている場合などは、

非破壊のフラッドヘッドスキャナーを使用します。